8/19 読売新聞にご掲載いただきました「子供に食事や学習支援…市川に施設オープン」


千葉県市川市のコミュニティスペース「地域の学び舎プラット」オープンの際にご取材いただきました。プラット立ち上げへの思いとプラットが果たす地域での役割について、代表不破がお伝えしています。


市川市平田の住宅街に今月、2階建ての民家を借りた常設のコミュニティスペース「プラット」がオープンした。運営しているのは、同市のNPO法人「ダイバーシティ工房」(不破牧子理事長)。家庭的な雰囲気の中で小中学生に無料で食事を提供したり、学習支援を行ったりするほか、居場所を失った子供を一時的に宿泊させる活動にも取り組み、「安心して行ける場所」づくりを目指している。


ほか山形新聞・岐阜新聞・山陰中央新報・高知新聞・宮崎日日新聞・福井新聞・中部経済新聞にもご掲載いただきました。


最新記事

すべて表示

法人内事業所における新型コロナウィルス感染者の発生について

この度、当法人が運営する保育所の「そらいろおうちえん」「にじいろおうちえん」で、新型コロナウィルスの感染者が出ましたことをご報告させていただきます。 令和3年7月3日に、そらいろおうちえんに勤務する職員1名が「溶連菌感染症と新型コロナウイルス感染症の混合感染」と診断されました。 その後、7月9日までに「そらいろおうちえん」と「にじいろおうちえん」の園児・職員を対象に保健所の指示に従いPCR検査を実