児童発達支援事業 Ciel(シエル) 開所(予定)のおしらせ

放課後等デイサービス「スタジオplus+」を運営するNPO法人ダイバーシティ工房では3~6歳(未就学児)を対象にした「児童発達支援事業 Ciel(シエル)」を船橋市内に開所予定です。

小学校での学習・生活に向けた個別のプログラムです。

≪児童発達支援事業 Ciel(シエル)のめざすもの≫

「自ら学ぶ意欲を育む」

お子様の発達の段階、持っている特性、興味関心を持つもの、得意な学び方はそれぞれ。

お子様の「今」「これから」をご家庭と一緒に考えながら、活動の計画を立て、それらを踏まえて、お子様が楽しみながら取り組めるプログラムを用意します。

全てのお子様が持つ、「できるようになりたい、知りたい」という気持ちに寄り添い、お子様が成功体験を積み重ねることで自信や意欲が育っていけるよう、お手伝いをさせていただきます。

≪こんなお子様が対象です≫

3歳から6歳の就学前で、発達の面で心配のあるお子様

※ご入会には市町村から交付される「通所受給者証」の取得が必要になります。詳しくはお住いの市町村にお問合せください。

□動きやことばの面で同年代の子より遅れを感じる

□幼稚園や保育園での活動に集中して取り組むのが難しい

□小学校入学後の生活や学習に不安がある

≪活動内容≫

お子様一人に対し、スタッフ一人の個別活動が基本です。

1回の活動時間は60分です(お子様との活動、保護者の方とのお話含む)。

お子様の興味関心や発達段階、認知特性など個々に合わせて、楽しく取り組める遊びや活動を中心にしたプログラムを作成し、一緒に取り組みます。

「わかった」「できた」という成功体験を積み重ね、自主性や主体性、自己肯定感を育みながら、言語や基礎的な概念の理解を深めるなど、お子様の心身の成長の手助けをしていきます。

≪活動の例≫

〇あいさつ

活動の始まりをはっきりとさせ、気持ちを切り替えられるようにします。


〇お話

予定の確認をし、見通しをもって活動に取り組めるようにします。

身の回りの出来事などをことばのやりとりで表現します。


〇絵本読み聞かせ

集中して話を聞く姿勢を育てたり、ことばやイメージの世界を広げたりしていきます。


〇絵カードクイズ

ヒントを聞いて答えになる絵カードを探す、自分で問題を出すなどして、聞く・考える・話す力を養います。


〇キューブ積み木

手指を使いながら、色や形などの感覚、構成力を養います。


〇工作

クレヨンやハサミ、のりなどで手指をよく使いながら、見て聞いて手順を理解し、完成させる力などを養います。


〇振り返りとあいさつ

活動でがんばれたことなどを一緒に振り返り、自己肯定感に繋げます。

詳細にご興味がある方、開所時に案内をご希望される方はこちらのフォームにご記入ください。

最新記事

すべて表示

ダイバーシティ工房 「ひらがな読み書き教室」開催のご案内

こんな今の不安や疑問を解決できたらいいなぁと思いませんか? そんな保護者のみなさまに朗報です!! NPO法人ダイバーシティ工房では、ひらがなの読み書きが不安なお子さまならどなたでも通える 「ひらがな読み書き教室」を2020年10月より新たにスタートします。 また、スタートにさきがけて9月、10月に「保護者向け無料勉強会」を開催いたします。 「保護者向け無料勉強会」では、ひらがなの読み書きの重要性、

千葉県が発行する教育情報誌「千葉教育12・1月号」にご掲載いただきました

千葉県教育総合センターが発行している「千葉教育(平成30年度12・1月)」に掲載していただきました。 ダイバーシティ工房運営する学習塾「自在塾」卒業生であり、現在は常勤職員として勤務する八神が提言として、自身が経験した高校中退とその過程で寄り添ってくれた大人との関わりについてをお伝えしています。 PDFで本文を読む

​©ダイバーシティ工房