【保護者の声】息子の「自分は普通なんだ」という気持ちと「やりたい」をサポートし続けたい



ダイバーシティ工房を知るきっかけ

不登校の息子に外にでる機会をつくりたい



ダイバーシティ工房が運営する「スタジオplus+」を知ったのは、ひとり親家庭の支援機関から「発達障害の子向けの学習指導の教室があるよ」と紹介されたのがきっかけでした。


不登校で家にいることが多い息子に、外に出る機会を作りたかったのと勉強ができるところがあったらいいなと思って、そんな場所を探していたんです。


ちょうど高校受験の頃でした。進学塾に入っていたこともありましたが、遅刻やお休みをする日もあり続けて通うのは難しそうでした。


お世話になっていた病院とも相談をして、スタジオplus+に通ってみることにしました。






高校受験について

「自分は普通なんだ」と思う息子の気持ちは尊重したい



志望校を決めるときに不登校児のサポートがある高校へも見学へ行ってみたんですが、本人は公立高校の普通科への進学を希望していて。


友だちとの関係で悩んでいたので「近所の高校へはいけないかな」と思って、引っ越しも考えたんですけど。本人が自宅からも通える距離の高校を選んだんです。


息子は「自分は障害を抱えていないんだ。普通なんだ」と思いたい気持ちがあるのだろうなと思っています。


第一希望の高校は偏差値が高くて、不合格。学校からすすめられた高校を受験したところ、倍率は高かったのですが、無事合格することができました。




母としての気持ち

本人が納得するまで「やりたい」を応援しつづける



でも今は高校はお休みして、スタジオplus+に通っています。


波があってスタジオplus+をお休みすることもありますが、自宅で教室で学んだことを夢中で話す日もあるんです。


外国の歴史を勉強した日は「僕も海外へ行きたい」と。「これがやりたい、ここへ行きたい、何かしたい」と思うと、一通り気が済むまで集中しますね。


それでも「昨日はあんなに言っていたのに今日はもう何も思ってない」ときも。発達障害の特性のひとつですね。


本人が「やりたい」と思うことは、私が「無理そうだな」と思っても納得するところまでやらせたいと思っています。


結果は中途半端なことが多いかも知れないけれど、必ず経験として蓄積されていきますから。私の母もなんでも体験させてくれたんです。


息子は、今、いろいろなことを感じて、経験を積み上げている真っ最中です。



> スタジオplus+のWEBサイトを見る

>ダイバーシティ工房の【求人情報】を見る

​©ダイバーシティ工房